• 03-3330-3361
  • aoitori@hyper.ocn.ne.jp

コロナ感染症による公演の延期及び中止に関しまして

本公演の開始前において、コロナ感染症の事情により公演が不能となった場合には、直ちに連絡を取り合い、日時変更等について双方で協議のうえ、その措置を決定するものとします。万が一、本公演の中止が決定となった場合には、本契約を解除し、公演に関するすべての費用並びにキャンセル料等は一切、発生しないものとします。

コロナ感染症による公演不能の伝達日程に関して

本公演の開始前においてコロナ感染症の事情により公演が不能となった場合には、直ちに連絡するものとします。但し、コロナ禍の2021年度(令和3年)の場合は連絡日程期日は定めず、公演前日でも可とします。

コロナ禍による公演対策に関して

公演に際して、密を防ぐ為の対策案として、公演回数を増やす処置も取れます、午前中2回・午後1回の計3回公演等が可能です。観劇料金も変わりません。すでに、2020年度の観劇会で実施済みです。 

劇団側の公演対策に関して

公演に携わる全てのキャスト・スタッフの公演日の1週間前からと1週間後の計2週間の体温等の計測の実施(用紙に記入)、疑わしき時はPCR検査も実施しております。コロナ禍の公演体制も常にダブルキャスト(1つの役に2人の俳優)を配置しておりますので万が一、身体上に異変が有る場合でも対応出来ます。お陰様で劇団内関係者でのコロナ感染者は0です。(2021年4月現在)

公演中の感染対策に関して

公演日当日の感染状況によって異なると思いますが、基本的には暗幕等は出来る限り開けた状況を作り、窓を出来る限り開け風通しを良くし、空気の循環に気を付けます。